スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私とAの別れ




震災の数日後、K君家族がパパの待つ町へ旅立って行きました。
四軒隣に住み、3週間違いの子供をもち、地方出身で同じ年齢。
遊ぶようになってからこんな日が来ることはわかってた。
でもここまで寂しく悲しい別れになるとは想像していなかった。

出発のとき、これから長い運転があるのに、泣いてお見送りは駄目だと我慢した。
到着のメールでも泣かなかった。

上のお兄ちゃんとお姉ちゃんを学校に見送ったとメールをもらったとき、涙がでた。
新しい生活がスタートしたんだなとホッとした。

新しい土地で最初は大変な事も沢山あると思う。
でも、家族皆できっと乗り越えられると思う。
あなたなら大丈夫。

今まで本当にありがとう。楽しかったし、心強かった。
また会おうね。

Aちゃんはまだ居なくなってしまった事はわからないみたい。でも1日一度はK君の話をしているよ。

お元気で。
悩んだりしたら連絡ください。

四軒隣ではなくなってしまったけどこれからもよろしくね。

感謝
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pugchin.blog64.fc2.com/tb.php/1198-a87c1828
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。