スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ヘルパンギーナさま。

この名前で検索される方が多いと思いますので、調べた事を書いておきます。
我が子の場合です。
何の前触れもなく高熱がでた。

昨日のお昼過ぎにAが(もうすぐ四才)なんか不機嫌。手をさわると熱い。
風邪かな?今日は解熱剤でしのぐか?と思いましたが、Bにうつると困るので小児科へ。

先生とお話。喉に少しポチポチがあるかもとの事。
それって?と聞くと
ヘルパンギーナかな?疑いで抗生剤を出してもらい帰宅。
解熱剤で39度2から37度4に下がるも薬が切れる頃にはまた9度台へ。

夜もぐずることはなかったけど、解熱剤飲ませても高熱でした。

ここまでは、食事もほとんど食べず。救いだったのは水分をとってくれたこと。脱水なんかにもなるらしい。

ヘルパンギーナとは喉に口内炎が沢山できて、飲み込む時などに痛む。咳や鼻水などの症状はなし。
2から4日の潜伏期間があり、高熱も長くて4日くらい続く事もあるらしい。
熱がひいても、感染力は3週間くらい続くみたい。

でもって翌日も朝は食欲なく、11時すぎにプリンあげても残した。
でも体をさわると熱くない。
一時くらいのご飯は食べた。
喉には私が見てもわかるポチポチ。

峠は越えたようです。

今のところBさまセーフ。でも潜伏期間にうつってたらアウトよね。

Aちゃんエライからマスク暑いのにしてくれてます。

今日定期検診だった仲間に心臓の悪い子がヘルパンギーナになったら大丈夫ですか?と聞いてもらったら、食べれなくなったらまずいけど、大丈夫でしょうとのこと。良かった。

それとBの耳。完治です。滲出性中耳炎もいまんとこセーフ。良かった。

夏休みの計画はボロボロだけど、日常が戻ってきたように思います。

追記
ヘルパンギーナは抗生剤ではやっつけれないそうです。疑いだったのでうちはでました。
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://pugchin.blog64.fc2.com/tb.php/1423-6e2db341
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。